Ultra Deck 2

StudioDeck(スタジオ・デッキ)とUltraDeck(ウルトラ・デッキ)は、MoFi ELECTRONICSとハイエンド・ターンテーブルのメーカーとして有名なスパイラル・グルーブを主宰するアラン・パーキンス氏との2年に及ぶ開発の結晶です。両機共に共通した高い基本性能を備え、それは本体にマウントされた状態で巧妙にアイソレートされたハイトルク・ACシンクロナス・モーター、高い精度で製作される硬化スチール製の反転ベアリング、アラン・パーキンス氏の設計による10インチ・トーンアーム、そして革新的な振動除去技術で知られるHRS社製のアイソレーション・フットの装着などです。可能な限りシンプルにデザインされたモーファイ・エレクトロニクスのターンテーブルは、質量に頼らないクレバーな発想で効率的に外部振動からレコード盤を隔離しています。

さらなるクオリティを求めるオーディオ・ファイルに向けてフィーチャーされた上級モデルです。ベース部は、振動抑制技術「コンストレインド・レイヤー・ダンプ」を応用したアルミニウムとMDFによる積層構造が採用されています。楽器の素材にも使用されるデルリン製プラッターは、大きな慣性モーメントで開店の安定性を高めるために、その厚さを330mmに拡大。トーンアームは「Studio Deck」と共通ですが、内部配線はカルダス製ケーブルにアップグレードされており、さらにアームパイプの振動を低減するジョイント方式が採用されています。

□バージョン2のターンテーブルに施された徹底したノイズ対策

オリジナルのターンテーブルは、リアの電源コネクタからフロント近くのパワースイッチまで交流のまま伝送していましたが、バージョン2では直流伝送となりました。シンプルな一体型デザインのため電源部は内包ですが、電源コネクタ直後にDC変換することで、キャビネット内は低電圧でワイヤリングされ、電源に起因するノイズの影響を遠ざけることに成功しています。また外からは見えませんが、出力コネクタに銅 製のコネクタ・ボックスを新たに採用しています。外部からのノイズを防ぐシールド効果が高まり、全体に 静けさが増した高品位な再現性につながっています。 ベアリング・オイルも見直され、バージョン2ではF1の現場でも使用されているエステルベースの高品位潤滑油に変更されています。

Specification

型番              Ultra Deck 2

形式              ターンテーブル (カートリッジレス)

モーター            300RPM AC アシンクロナス

回転数             33、45 回転 (プーリー掛け換え)

プラッター           3.08kg デルリン

ワウ・フラッター        0.017% - 0.025%

S/N                 74dB

消費電力            <5W

トーンアーム          10 インチ アルミ製(ジンバルベアリング)

オーバーハング         18mm

オフセット角          22.8°(±2°)

Effective Mass          35g(±0.5g)

対応カートリッジ自重      5g〜10g

サイズ             500W×110H×365Dmm

質量              10.5kg

価格              ¥300,000 (税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202