Debut S10EQ

About Debut LINE

アンドリュー・ジョーンズによる新しいスピーカー「Debut」ライン

間もなく90周年を迎えるドイツ・スピーカーブランドの雄、ELAC。これまで、TADやKEFのスピーカー開発を手がけてきたエンジニア、アンドリュー・ジョーンズがその籍をELACへ移したことは、海外のオーディオショウやメディア、インターネットを通じて様々な形で報じられ、大きな話題となっています。

そのアンドリュー・ジョーンズがELACで初めて開発した新しいスピーカーが「Debut (デビュー)」ラインです。

Debutラインには、ジョーンズによってデザインされたトゥイータとウーハーを採用。これまでのELACにはなかったアラミド・ファイバーを用いた新ウーハーは、一般的なウーハーに比べて強度と軽さの面で大きなメリットを有しています。
1インチ・クロスドーム・トゥイータにも新たにデザインされたウェーブガイドを採用し、スムーズに伸びた周波数帯域を実現しました。ELACが培ってきた技術力とジョーンズの手腕が見事に融合したシリーズが、このDebutラインなのです。

 

マイスターが手がけたスーパー・エントリー

Andrew Jones (アンドリュー・ジョーンズ)
KEFにて11年、Infinityで3年、そして1997年よりTADにて17年にわたりスピーカーを設計してきた40年近いキャ

リアを持つ世界で最も優れたスピーカー・エンジニアのひとりです。豊富な知識と経験を併せ持っており、2003年

に手がけたTAD-M1といったハイエンド・スピーカーから、エントリー・クラスのスピーカーまで幅広く手がけてき

ました。2015年ドイツELAC社に入社し、同年10月Debutラインを発表。

 

設計コンセプト
ジョーンズが狙いとした設計コンセプトは、1か所に多大なコストをかけるのではなく、エントリークラスのスピー

カーとしての総合力を高めることにありました。コストの制約の中で最大のパフォーマンスを引き出す。高級機種の

設計とは全く異なるこの挑戦は、ウェーブガイドやユニットの配置、ボルトをなくしたユニット・デザインなど、コストには影響が少なく、それでいて最大限サウンドにインパクトを与える巧みな設計に現れています。Debutラインのシンプルなデザインの中には、ジョーンズのアイディアが数多く内包されています。
彼は次のように述べています。「DebutラインはGood Enough (ほどほどでいい)ではなく、製品が位置する価格帯の中で求められている、あらゆる可能性を追求しているのです。」

PROFILE

 

アドバンスド BluetoothコントロールとAuto EQに対応したサブウーハーがS10EQです。S10EQにはSUB2070で披露した、従来までのアナログな操作とは一線を画す、素晴らしい使い勝手の最新のデジタル・コントロール・システムを搭載。部屋の環境を測定し、各帯域を自動で調整することで環境の悪影響を受けないクリアでタイトな低域を誰もが手にすることができます。
250mmのベース・ドライバーを最大400Wのハイパワーで駆動、その低域は250mmのパッシブ・ラジエーターでさらに磨きがかけられ、リアルな音場表現に大きく貢献します。

ご注意:コントロールに使用するiOS、Android機器がBluetooth Standard4.0に対応しているかをご確認ください。

※ELACサブウーハー 複数台同時使用の場合はこちらをご確認ください。

Specification

型番          Debut S10EQ

形式          アンプ内蔵型サブウーハー・密閉型

ユニット        250mmコーン×1(ドライバー)、250mmコーン×1

            (パッシブ・ラジエーター)

クロスオーバー周波数  50-150Hz

周波数特性       28-150Hz

アンプ部        最大400W

スタンバイ消費電力   5W

入力          RCA×1

サイズ         W343×H343×D343mm

重量          14.1kg 

仕上げ         ブラックビニール・ブラッシュド

価格          ¥100,000 (税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202