MIRACORD 80

1.jpg

Award

復活から成熟へと歩を進めたMIRACORD

半世紀の時を超え復活を遂げたミラコード・シリーズ。最新作 MIRACORD 80は奇跡のリプロダクションで話題となった90thアニバーサリー・モデル直系のアナログ・プレーヤーです。創立90周年を記念して企画されたMIRACORD 90は、名機復活を印象付ける美しいターンテーブルとして2016年にリリースされました。それはそのほとんどのパーツ制作と製造を地元キールで行うという離れ業で、ELAC創成期を代表するMIRACORDの名に相応しいアニバーサリー・モデルになったのです。MIRACORD 80はアニバーサリー・モデルに込められた意志を引き継ぎ、成熟したレギュラー・バージョンとして製作されたELACが100周年に向け放った最新のMIRACORDなのです。

4.jpg

□MIRACORD 80 について

MIRACORD 80のキャビネットは、高い内部損失を持つMDF材にブラッシュ・アルマイト処理アルミニウム・パネルと、オイル・ウォールナットの天然突板をあしらったスタイリッシュな外観に仕上げられています。軸受けシャフトはMIRACORD 90同様の8mm硬化スチールで、ふたつのブロンズ・ベアリングによってガイドされ滑らかで正確な回転を実現しています。特殊なビルトイン方式でシャフトに載せられる5.6kgの質量を持つ無垢アルミニウム製のプラッターは、PID制御DCモーターによりその回転速度は常にコントロールされています。滑らかに回転する空芯コイルのモーターは、ラバー・ダンパーにより慎重にデカップリングされており、シャシー、トーンアームに対する影響を極限まで抑えています。加えてキャビネット底面4箇所にある振動吸収力の高いインシュレーターにより、床からの振動伝達は大きく低減され、グルーヴにあるピックアップは外的影響から効果的に隔離されています。精密に組み上げられこの上なくスムーズに動く10インチのトーンアームは、軽量カーボン、アルミニウム、真鍮製パーツで構成するMIRACORD 80のために設計された専用アームで、取り回しの良さと高いトラッキング精度を両立しています。着脱式のヘッドシェルは、ひとつひとつCNC切削加工で製作される高精度なレベルのもので、ピックアップのポテンシャルを存分に引き出す重要な役割を担っています。

□MIRACORDシリーズについて

2016年にELAC創立90周年記念モデルとして企画されたMIRACORD 90が、限定モデルとしてリリースされました。その後ラインアップされたMIRACORD 70もMMカートリッジを装着したパッケージングで出荷される「Ready to Go」がコンセプトでした。※両モデルとも既に生産完了 現在はフォノイコライザー内蔵のMIRACORD 50とカートリッジレスのMIRACORD 60が現行モデルです。MIRACORD 80は、本国においてMMカートリッジ付属モデルも用意されていますが、日本国内においてはカートリッジレス・モデルに限定し販売が開始されます。

Miracord_ho_19.JPG
Miracord_ho_18.JPG
Miracord_ho_66_Freisteller.png

Specification

●型番:Miracord 80

●対応回転数:33 / 45rpm

●ワウフラッター:0.15%以下

●出力端子:RCA

●電源部:12V / 0.5A ※18V / 0.5ARumberg Connector

●適応カートリッジ重量:6~10g

●オーバーハング:16.4mm  オフセットアングル:21.8°

●消費電力:1.5W(スタンバイモード0.5W以下)

●サイズ:470W×374D×148Hmm

●質量:14.0kg

●備考:オプション販売 専用シェル \35,200税込 18Vランバーグコネクタケーブル

●カラー:オイル・ウォールナット / ハイグロス・ブラック

●価格:        \396,000 (\360,000/税別)