FS507 VX-JET

About 500LINE

開発チームによって水面下で進められていたプロジェクトがその全貌を現したとき、そこには息を呑む驚異のテクノロジーが存在していました。ELACには斬新なアイディアを具現化する鋼のクラフトマン・シップがあるのです。FS 509VX-JETは今のELACのアイデンティティそのものです。

 

 

PROFILE

ELACのR&D(研究開発チーム)は、高性能トィータJETを7オクターブの帯域を点音源で放射するX-JET COAXへと進化させ、さらにルーム・アコースティックに踏み込んだVX-JETという誰も予想しなかった革新的ドライバー・ユニットを誕生させました。フラッグシップ・ライン2番目のモデルとして登場したFS507VX-JETは、設置場所の自由度を高めたミドル・サイズ・キャビネットにこのVX-JETを搭載。クリスタル・ラインを型押ししたアルミ・サンドイッチ構造振動板を、堅牢なアルミ・大キャスト・フレームに収めた180mm AS-XRドライバーとの絶妙なコンビネーションで、ハイエンド・オーディオ・シーンの最先端を行く豊富な情報を正確に再現。さらにこのクラスならではの上質で潤いのある音色と美しい響きでリスナーを魅了します。FS507VX-JETはハイグロス・ブラックとともに、美しい仕上げのハイグロス・ウォールナットをご用意いたしました。

 

DETAIL

 

VX-JET

 

革新的な機構を持つドライバーユニットVX-JETは最新のJET V

ウィータと平面振動板ミッドレンジドライバーを同軸上に組み合わ

せ、400Hz-5,000Hzまでの広帯域を点音源で再生することができ

る画期的なドライバーユニットです。さらにそこに加えられた

新たなテクノロジーは、ルーム・アコースティックとマッチングを

図るという極めてユニークなアイディアに基づいています。スピー

カーのリア・バッフルにある調整ノブは、VX-JETの振動板のポジ

ションを前方8mm/後方8mm移動することが可能で、これは高域

と中域の指向性パターンを任意に調整することを目的としています。その結果、スピーカー自体の音を変えることなく、リスニング・ポジションにおける直接音と反射音との比率を変化させることができるのです。VX-JETを搭載した500LINEはあらゆる環境にフィットするアクティブ・アコースティック・コントロールを備えた初めてのスピーカーシステムです。

 

【VX-JET 後方ポジション】
リスニングポジションで反射音(青)が多い場合、VX-JETの位置をバッフル後方に移動することにより音場を改善することができます。多すぎる反射音は部屋の壁、床が硬い素材の場合や、スピーカーとリスニングポジションが非常に離れている場合に発生します。

 

【VX-JET ノーマル・ポジション】
リスニング・ポジションで反射音が適正な場合、VX-JETの位置をノーマル・ポジションに設定します。

 

【VX-JET 前方ポジション】
リスニング・ポジションで反射音(青)が少なすぎる場合、VX-JETの位置をバッフル前方へ移動することにより改善することができます。少なすぎる反射音は、部屋に多くの吸収物がある場合や、スピーカーとリスニング・ポジションが近すぎる場合に発生します。

 

 

AS-XR180mm ミッド・ロー・ドライバー

 

クルトミューラーに制作を委託するアルミ振動板には、新パターンのクリスタル・ラインが施されています。セル

ロース・パルプ・コーンとの組み合わせによるサンドイッチ構造のハイブリッド振動板は、数々の進化のもとその

完成度を円熟の域に高めたと言っていいでしょう。小口径ウーハーならではのリニアリティの高いロング・スト

ロークのために、新しい180mm AS-XRウーハーは、口径を拡大したチタニウム・ボイス・コイルを採用。滑らか

なストロークを生む大型ラバー・サラウンド、フレームからバスケットまでいったい成形とした堅牢なアルミ・ダ

イキャスト、ダブル・フェライト・マグネットで構成された強力な磁気回路。その技術の全ては、画期的なドライ

バー・ユニット VX-JETのパフォーマンスと対等に渡り合える優秀なウーハー・ユニット想像のために投入されました。

ニュー・クロス・フレーム・キャビネット​

クロス・フレーム・キャビネット。多くの製品設計の中で進化したこの技術は、ELACのスピーカーにとって音質を決定づける大きな役割を担っています。FS 509 VX-JETのキャビネットを設計する段階で、ELACはそのフレーム構造を一から見直しました。全体のサイズ、ユニットの取り付け位置、バスレフ・ポートの位置など、徹底的な解析を行い最適なクロス・フレームの設計を行ったのです。容量を犠牲にして強度を上げる方法は沢山ありますが、それでは豊かで伸びやかな低音、美しい中高音を再現するのが難しくなります。クロス・フレーム最大の利点は、キャビネットの空間容量を減らすことなく強度をアップ出来ることです。ELACのプロフェッショナルでクレバーな仕事がここにも存在しています。

ハイグレード・ネットワーク

 

ユニットの全てを自社内で設計生産出来るELACにとって、ネットワーク回路は無理のないシンプルな設計が理念です。そしてそこに高品位パーツを奢ることで、ドライバー・ユニットのポテンシャルは最大限に活かされます。ハイグレード・フィルムコンデンサ、ハイパワー・エア・コイル(空芯コイル)などの採用は、搭載された高性能ドライバー・ユニットのことを考えるならばごく自然なことなのです。

バイワイヤリング・ターミナル

 

アルミ・プレート製のスピーカー・ターミナルはバイワイヤリング仕様となっており、Van Den Hal製高品位ジャンバー・ケーブルが付属しています。

ボトム・エミッション・テクノロジー

 

底面のバスレフポートからベース・プレートへ向けて低音を放射する・ボトム・エミッションは、壁との距離などの環境に影響されにくいため、セッティングにおいて適正な低域エネルギー・バランスを得やすい利点があります。500LINEには安定した設置と振動対策のために、大型のアルティメイト・スパイク/インシュレーターが標準装備されます。

Specification

 

型番          FS507 VX-JET

形式          3.5ウェイ・バスレフ

ユニット        VX-JET COAX×1、180mm AS-XR LLD CONE×2

能率          89dB

インピーダンス     4Ω

周波数特性       26-50,000Hz

クロスオーバー周波数  180/550/2,700Hz

最大入力        300W

サイズ         H1,200×W280×D413mm (ベース部、アジャストノブ部含む)

重量          30kg(台)

仕上げ         ハイグロス・ブラック/ハイグロス・ウォールナット

備考          アルティメイト・スパイク/インシュレーター付属、

            Van Den Hal製高品位ジャンパー・ケーブル付属

価格          ¥1,350,000/PAIR (税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202