DS-A101-G

Award

スクリーンショット 2019-06-17 14.51.41.png

「HiVi夏のベストバイ2017」プリメインアンプ部門(1)にて DS-A101-G が第1位となりました。
詳細記事は以下URLよりリンク先をご確認ください。

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17282093

LINK

スクリーンショット 2019-07-25 13.15.20.png

Stereo Soundにて、DS-A101-Gの紹介記事が公開されました。
詳細記事は以下URLよりリンク先をご確認ください。

https://online.stereosound.co.jp/_ct/17289643

スクリーンショット 2018-07-13 15.14.08.png

PHILE WEBにて、DS-A101-Gの紹介記事が公開されました。
詳細記事は以下URLよりリンク先をご確認ください。

https://www.phileweb.com/review/article/201907/16/3510.html

DS-A101-G

ELAC ​DS-A101-Gは、優れた性能と操作性を兼ね備えたバーサタイルなインテグレーテッド・アンプです。

DS-A101-Gは、WiFiまたはイーサネット接続を通して家庭内LANにあるスマートフォン、PC、NASなどの製品と接続し、利用可能なすべての音楽にアクセスが可能となります。

専用アプリでWiFi接続を行えば、驚くほど簡単にPCを含むミュージックサーバー、インターネットラジオ、ストリーミングミュージックサービスとの快適な連携が実現します。また2.1チャンネルのドルビーデジタルの搭載により配信映画サービスを臨場感溢れるサウンドで楽しむことが出来ます。さらにスマートフォンを使って部屋の音響特性を測定/補正する画期的なAUTO BLEND、Roon-Readyを備えたELACがリリースする先進機能満載のアンプがDS-A101-Gなのです。

・BASHテクノロジ採用した80W+80W(8Ω)の出力 

・Spotify Connect, Roon Ready, AirPlay, Discovery   

   Ready, Bluetoothをサポート

・タブレットやスマートフォン向けAndroidおよびiOS

   コントロールアプリと連携

・ABC™テクノロジーによるAUTO BLEND

・無線LANネットワーク接続、固定ネットワーク接続

・テレビまたはDVD / Blu-ray用Dolby Digital 2.1

・オーディオ入力:アナログ入力2系統/デジタル入力

   /同軸及び光入力(24bit / 192kHz対応)

・プリアウト装備

・可変ラウドネス設定

・サブウーファー出力装備

・学習リモコン付属

ステレオ再生とサウンドバーとしての使用

DS-A101-Gは2系統のアナログ入力と同軸/光デジタル入力を備えています。ステレオ再生はもちろんですが、テレビの音声を光デジタル入力に接続すれば、ドルビーデジタルデコーディングを機能させることが可能です。併せてLFE(Low Frequency Effects)用にアクティブサブウーファーを接続することも出来ます。

このソリューションの大きな利点は、テレビ用にサウンドバーを購入する必要がないことと、再生品質が明らかに優れていることです。

BASHアンプ技術

DS-A101-Gの心臓部は新しいBASHトラッキングアンプで、これは2 x 80ワットを8または4Ωのスピーカーに供給します。このアンプ回路は、従来のA / B級アンプにスイッチング電源を使用しています。電源は毎秒400,000回以上切り替わり、入力音声信号に正確に従います。このようにして、クラスA / Bアンプは、音楽と映画のダイナミクスを最適に再現するために、その時点で必要な電圧を正確に、さらに余裕をもって供給します。

BASHテクノロジーはこれまでにない効率的な手法で、オーディオアンプの可能性を高めています。

洗練されたアプリで柔軟な操作

ELACから提供される無料のアプリでユーザーはシステムを完全にコントロールできます。アンプのセットアップ機能を操作するための革新的なBluetoothアプリがあり、ストリーミング機能を操作できるAndroidおよびiOS用のアプリがあります。

このクラスでは他にない革新的な機能です。

ABC™テクノロジー(Auto Blend)

Bluetoothアプリにより、スピーカーとサブウーファーはスマートフォンまたはタブレットによって測定され、その後サブウーファーとのクロスオーバー周波数と位相が最適に調整されます。

Auto Blendはスピーカーとサブウーファーの完璧な統合のために200Hz以下の周波数曲線が最適に補正されます。

Streamモード

Streamモードにより、Spotify ConnecやAirplay、RoonReadyなど様々なネットワークでの接続にも対応しています。

最新のラウドネス機能

低音と高音の「昔ながらの」追加のゲイン(これはオンまたはオフにすることしかできませんでした)の代わりに、ELACの可変ラウドネス回路では、ラウドネスゲインを任意の方法で設定できます。

書き換え可能なディスプレー表示

各入力に任意の名前を付けることができます。このカスタム名は、アンプのディスプレイだけでなく、アプリにも表示されます。

Specification

 

●出力:80W+80W(8Ω)

●出力端子:スピーカー×2、サブウーファー×1、アナログプリアウト×1

●アナログ入力:LINE×2、

●デジタル入力: COAX、OPTICAL最大192kHz/24bit

●その他:Bluetoothオーディオ対応(A2DP with aptX)、ETHERNET

●サイズ:214W×60H×28Dmm

●質量:2.8kg

●付属品:リモコン、バナナプラグ、電源ケーブル、取扱説明書

●価格 : ¥138,000(税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202