CONCENTRO S 507

​Award

Concentroの設計思想を踏襲

ELACの500 LINEが待望のモデルチェンジです。

Concentro S 507は従来モデルFS 507 VX-JETの後継モデルという位置付けですが、その名が示す通りELACのR&Dがその技術の粋を結集したコンチェントロ・シリーズの設計思想が反映されています。

その特徴はラップアラウンド・バッフルやJETコアキシャル・ドライバー、そしてウーハーをサイドにマウントしたデザインなどに顕著ですが、全体的な印象は自然で控えめなヴィジュアル・デザインにまとめられています。

ニュー・コアキシャル・ドライバーを含む自社製ドライバーで構成された4ウェイ構成のConcentro S 507は、ELAC最新の設計思想を随所に盛り込んだシステムとして、そのクオリティは音楽再生の中で誰もが感じ取れる極上のサウンド・デザインが証明しています。

〇革新的なニュー・ドライバーの採用

ELACのスピーカー・システムに初めて採用されたstepX-JETは、従来のVX-JETの進化系とも呼べるドライバー・ユニットで、新しいJET 5cトィータとアルミニウム振動版を持つミッドレンジ・ドライバーとの同軸構成で製作されています。

VX-JETの大きな特長は、リアバッフルに取り付けられたダイアルを回転させることによって同軸ユニット全体を前後に移動させ指向特性コントロールすることでしたが、Concentro S 507では付属する3種類のDCR(Directivity Control Rings / 指向性制御リング)を交換するシンプルなスタイルが採用されています。

リスニングエリアの直接音と間接音をコントロールするこの画期的な手法でELACは特許を取得しています。

〇4サイドファイアー・ロングストローク・ウーファー

キャビネット側面に片側2基ずつ備えられた4基の150mm径ロングストローク・ウーハーは、Impluse Compensated Designにより機械的振動を制御することで余裕あるクリーンな低音再生を可能にしています。

素早く空気感豊かな低音はこのシステムの大きな魅力になっています。

〇ハイヒール・タイプの印象的なボトム・アセンブリ

VELAシリーズ同様キャビネット底面にダクトを設けたConcentro S 507は、キャビネットに取り付けられた特徴的な脚部によって、ハイヒール・タイプのシルエットを演出しています。

ダウン・ファイヤリングは壁の影響を受けにくくセッティングの自由度を高めています 。

Specification

 

形式:4ウェイ・バスレフ型

ユニット:ウーファー4 x 150mm ASØコーン

     ロー・ミッドレンジ 1 x 180mmØ AS-XRコーン

     ハイ・ミッドレンジ 1 x 50mm | 130 mmØ ALコーン

     トィータ1 x JET 5c

クロスオーバー周波数:120 | 400 | 2600 Hz

周波数特性:24-50000 Hz

能率:88 dB / 2.83 V / m

インピーダンス:4Ω(最低保証値3.0Ω at 360Hz)

入力:240W(定格)/300W(最大)

サイズ:H1220×W270 mm×D380mm(スパイク含む)

重量:37 kg

仕上げ:ブラックハイグロス / ホワイトハイグロス

価格\1,800,000(Pair/税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202