Debut A4.2

Award

About Debut LINE

世界的な評価を得るスピーカー・デザイナー アンドリュー・ジョーンズ が、ELACで初めて手がけた Debut シリーズが 2.0 へと進化しました。Debut 2.0 は、ドライバー・ユニット、ネットワーク、エンクロージュアといった主要アイテム全てが新規に開発されました。

エントリー・ラインでありながら、キャリアの中で培ってきたノウハウを惜しみなく注がれた Debut 2.0 シリーズは、アンドリュー・ジョーンズのイマジネーションの進化とともに、大きくそのパフォーマンスを向上させています。

□着実な進化を遂げたドライバー・ユニット
135mm径のウーハーはその口径や振動版素材は前作同様ですが、大型化された磁気回路、そしてボイスコイルの冷却とウーハーダクト内の空気排出をスムーズに行うため、ベント構造を採用したポールピースを採用。この改良が強力でスムーズなストロークを生み出しています。

振動版には、高機能繊維として知られる アラミド・ファイバーを採用。軽量で高強度、さらに内部損失に優れる素材が発揮する軽快で切れ味の良い低音が、新しい DEBUT 2.0 の魅力になっていることは間違いありません。

再生帯域の拡大を念頭に設計された幅広のサラウンド・エッジを持つ 25mm 径シルクドーム・トィータは、再生周波数を 35,000Hz まで拡張すると同時に、低い周波数レンジまでレスポンスすることで、クロスオーバー・ポイントを下げることに成功しています。

このことによりストレスの無い帯域で再生を受け持つウーハーとスムーズな繋がりを実現しています。新設計のウェーブ・ガイドは、高域の指向性を拡大し、さらにバッフル後方への回析効果を低減しています。

         ※高域周波数特性 : B5→20,000Hz B5.2→35,000Hz

※クロスオーバー周波数 : B5→3,000Hz B5.2→2,200Hz

□効果的な共振対策を施されたエンクロージュア
ホルムアルデヒドを低減したCARB2規格の MDF材は、オリジナルのDebutから肉厚を増し、エンクロージュ アの内部には強度を高めるためのブレーシングが入っています。エンクロージュアに起因する不要共振が効率的に抑えられることで、ドライバー・ユニットのピュアなサウンド・パフォーマンスが明確に発揮されます。

DEBUT 2.0 はセッティングを考慮し、背面の壁との干渉を軽減するために、フロント・バスレフ・ポートに変更されました。

□シンプルに設計されたネットワーク

新しいドライバー・ユニットの特性を活かし、さらに位相を乱さないために、クロスオーバー・ネットワー クはドライバー・ユニットのロールオフと組み合わせ、なだらかな特性でカットオフするというシンプルなデザインを採用しています。

F5.2 の3つのウーハーは、その動作を揃えるためにシリーズ接続されています。

Specification

 

型式: 同軸2ウェイ 密閉型

周波数特性 : 180~20,000 Hz

インピーダンス:6Ω
能率 : 85 dB at 2.83 v/1mクロスオーバー

周波数 : 5,000 Hz

周波数特性 : 180 ~20,000 Hz

ツイーター : 13mm ポリマー・ドーム

ウーハー : 100mm アラミド・コーン

キャビネット : MDF(CARB2 規格)

仕上げ : ブラック・アッシュ

サイズ (WxHxD) :180×125×234mm

重量:2.5kg

価格 : ¥45,000 PAIR(税別)

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

Copyrighits (c)Yukimu Corporation.Ltd, All Righits Reserved.

株式会社yukimu(東京都品川区大井1-41-9)   TEL:03-5743-6202